ウェビナーに登録

参加登録をもってRiskifiedならびに株式会社電通と情報を共有し、また追加の案内を受取る事に同意するものとします。なお、いつでも案内の受取を停止 (オプトアウト) いただく事が可能です。 詳細は、Riskifiedプライバシーポリシー、株式会社電通個人情報の取り扱いをご参照ください。

Riskifiedは、Eコマース業界の更なる発展の可能性を最大限に引き出すことができる、不正対策のAIプラットフォームです。世界の大手ブランドや事業者様が、収益の増加やリスク管理、顧客体験の向上において、Riskifiedの実績に信頼を寄せています。事業者様はシームレスな買い物体験を提供しながら、より多くの注文を承認でき、海外展開を含む、あらゆる販売流通チャネルを構築することができます。

ご質問や今後のイベントに関しては、お気軽にEメールでお問合せ下さい。


Riskified (リスキファイド)について

慶応義塾大学理工学部卒、同大学院理工学研究科修了、米国ロチェスター大学ウィリアムE.サイモンビジネススクールにて博士号を取得。  
大学研究員、株式会社電通を経て、2020年YAMAKS LAB.設立。
デジタルマーケティング、Eコマースにかかわるコンサルティング業務を担当するとともに、各種データ分析、システム開発に携わる。ビジネス発想とシステム発想をつなぐプロジェクトマネジメントを得意とする。
2022年「コマースマーケティング 10のキーワードで楽しく学ぶリテールDX」(インプレスR&D)出版。

ニューホライズンコレクティブ合同会社 プロフェッショナルパートナー
株式会社ヤマックスラボ  代表取締役
 

山川茂孝

オンラインストア運営の事業者様は、購買ファネルへの集客やチェックアウトの成功に代表される「顧客獲得」に多大な労力とお金を費やします。新規顧客の購買ファネルへの誘導や購買後の既存顧客の管理育成に代表されるデュアル・ファネルソリューションは、様々なデジタルマーケティングやサービスが発展しています。しかし、唯一チェックアウトにおいては、対応策が限定的でした。ここに事業者様が完全には認識していない漏れが多く、顧客獲得におけるROI低下やブランド棄損の要因になっているケースが多く存在します。

 ECでの不正防止は、損失を防ぐ大切な機能ですが、複雑な本人認証はユーザビリティを下げてしまいます。両者のバランスをとることはROI向上には欠かせません。 

本Riskifiedと株式会社電通による共催ウェビナーでは、事業者様が不正防止を活用して顧客のショッピング・ジャーニーにおけるコンバージョン率と収益を向上させる最新の方法について学びます。

リスクとチャンスは裏表

登壇者

ウェビナー

2005年に株式会社電通入社後、マスメディアプランニング、ブランド広告クリエーティブ、ダイレクト広告クリエーティブ、WEBインテグレーションなどの業務経験を経て、2016年より電通デジタルの創業に参画。2017年よりコマース領域を担当し、2022年1月より現職。
「デジタルテクノロジーを適切に活用して購買体験を楽しく豊かにすることは、生活者の日々の暮らしを楽しく豊かにすることに直結する」という思いのもと、手法論に終始しない本質的なマーケティングソリューションの提供によって、クライアント企業の事業成長に貢献する。

竹下 康介

CXプランニング・センター
Eコマースソリューション部 部長  
株式会社電通

X

顧客のマーケティング全体に対するさまざまなソリューション提供に加え、デジタル時代の変革に対応する効率的な広告開発、最適な顧客体験のデザイン、マーケティング基盤そのものの変革や、さらには顧客事業の変革をも推進しています。また、マーケティング領域を超えて進化させた多様なケイパビリティを掛け合わせ、顧客と社会の持続的成長に貢献する統合ソリューションを提供していきます。

電通について 

4月14日(木) 17:00〜18:00 JST | 1時間のオンラインセミナー

最新テクノロジーで不正リスクを抑えつつ、顧客体験向上、更には売上向上を図る手法を学びます。

ウェビナーに登録

Riskifiedの事業開発部でジャパン・マーケット・スペシャリストとして
日本市場をリード。フィンテック業界に長年携わり、特にEコマースに精通。出身は東京で、2010年からイスラエル在住。イスラエルのIDC Herzliyaで
グローバルMBA (経営学修士) を取得、専門は事業開発と戦略。

ナボン恵子氏

ジャパン・マーケット・スペシャリスト
Riskified

モデレーター兼スピーカー
ウェビナーに登録

このウェビナーのポイント